Skip to content

ローコストのサ高住で収益率のアップを期待

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、日本が超高齢化社会へと進んでいる現在において、きわめて多くの物件が建設されるようになってきています。

今後も高齢化の傾向はしばらく継続していくことが確実であるために、需要は増え続けていくことが見込まれますので、比較的ローコストの物件も見つけやすくなっていくことでしょう。サ高住の形態としては、賃貸マンションと同等のレベルである標準的な間取りから、高級ホテル並みの広さと快適性を併せ持った入居コストの高い物件、一部屋あたりの専有面積をおさえたり共用部分を多くしたりすることによって入居者の負担額をできるだけ低くおさえつつも十分なサービスを提供するサ高住のローコストなタイプも見られます。

どのような観点でサ高住を選ぶのかは、入居予定者の方の価値観やご家族の考え方、そして予算面が重要なポイントとなります。サ高住に関しては、提供される医療サービスや介護サービスの質を下げることは、今後の生活を安心して続けていくことに疑問を感じてしまうこともあります。そのため、各施設のサービス提供体制と月額利用料、その他諸経費などを総合的に判断して選ぶことが重要です。

健康状態がよく、今後も介助や医療に関してのサービスを利用する機会が少ないと考えられる場合、体調に不安があり介助を手厚く受けたい場合など、入居希望者のニーズは千差万別です。ローコストのサ高住が良いか、少し費用が上がっても手厚いサービスが受けられるようにするかなど、情報を調べながら選ぶことを心がけましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *