Skip to content

特養の建設には準備が必要

特別養護老人ホーム略して特養は、介護保険事業における施設サービスの位置付けがなされているものであるため、その建設には行政の許可が必要です。

また、その母体は原則として社会福祉法人でなければならないなどの制約も多くあります。この特養では、その運営母体となる社会福祉法人の規模によって、国または地方自治体が建設の許可などを行います。したがって、まずは社会福祉法人の法人格を取得し、その上での介護保険事業の展開になることをあらかじめ知っておくことが求められます。

このとき、特養の建設では、介護保険法等で定める基準を満たしたものでなければなりません。この基準は非常に細かなところにまで及びますので、事前にその図面などを担当する行政に対して提示し、内容に問題が無いかどうかを確認する必要があります。もし、この段階で不備や基準に適合しないとなった場合には、許可が出ない恐れが生じるわけです。建物の建築基準ではなくあくまで介護保険法等の社会福祉関係での基準を満たすことも求められます。

無論、地震等への対応が出来るかどうかといった建築基準も満たさなければなりませんので、介護保険関係及び建築基準関係の双方を睨みながら、準備を進めていくことになります。建築の段階の前には少しずつ段取りを進めていきますが、行政への確認やその指示には的確に応じていく姿勢が何よりも重要です。どちらかの法に触れている場合には、最悪の場合開業が出来ない可能性があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *