Skip to content

特養の施工は実績がある会社に依頼するのがベスト

特養とは、特別養護老人ホームのことです。

入居型の介護施設であり、生活に必要な介護やリハビリなどを受けることができます。運営しているのは、社会福祉法人や自治体です。一般の有料老人ホームとは異なり、要介護状態が重い方を対象としています。入居費用が安いという点も特徴です。介護保険が適用されるため、自己負担額は一般的な有料老人ホームの半分以下です。

特養の施工を依頼する場合、施工実績の多い会社を選ぶと、入居者も入居しやすい環境を用意することができます。多くの会社では、施工実績として、実際に建築した特養を自社のホームページで紹介しています。それを見れば、どういったスタンスで建てているのかがわかりますので、参照すると良いでしょう。会社によっては、新規開業をするためのサポートを全面的に行ってくれるところもあります。例えば、事業に適した土地の紹介や、事業計画の立案などを行ってくれます。

ノウハウがない新規参入業者の場合、こういったサポートは役立つでしょう。これまでの実績が多いからこそ、実績のある業者はこういった情報を提供することができます。特養の施工を考えている場合、まずは見積もりを出してもらう必要があります。見積もりでは、設計や総額費用などを知ることができ、それを見て依頼するのに適しているかどうか最終判断することが可能です。見積もりは無料で行ってくれる場合もありますが、測量が必要な場合などは有料となる場合もあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *