Skip to content

特養ホームの建築費は軒並み上がっています

東日本大震災による事業の拡大などの影響で2011年から特養の建築費が上昇していて、1平方メートル当たりの特養の建築費は2015年の段階で平均的に26万円も掛かります。

オリンピックに向けて更に建設に関する需要が高まる傾向で、オリンピックが終わるまで費用の増大は避けられないです。賃貸として立てる場合は建物の品質だけを問われないで、賃貸の住宅を併用しながら快適な環境で生活させたり、立地などの状況を考えながら経営する事が必要です。株価や景気の良化によって土地や建物に掛かる価格が上がっている影響で、特養の建築費の総額が上昇しています。

費用の総額が上昇すれば管理者や運営者に掛かる負担は増大していて、施設を使用する高齢者の賃料は将来的に軒並み上がっていくので、施設を利用する利用者は将来的に安価で快適な施設を優先的に選ぶ傾向です。昔から都心部を中心に特養ホームの建築費が地方よりも高かったが、今後は震災の後の特需などで地方でも年々地価が上がっています。特養ホームの建築費が増えていても、安全性や利便性のある施設に入る高齢者が増えています。

運営者は出来るだけ利用者の負担が掛からない事を考慮して、建物や土地に掛かる費用を抑える為の経営のノウハウを身に付ける必要があります。耐震性や利便性に優れていれば安心して利用できる環境を評価する利用者が多いので、総額の費用を抑えながら安心して暮らせる施設を形成する事が求められます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *