Skip to content

実績がある特養での介護

特養は自立した生活が困難な方向けの公的施設で、病気や障害など在宅で生活しにくい高齢者の介護サービスとして長い実績のある介護施設です。

認知症になったり寝たきりになると自宅での生活は困難で在宅介護も難しいため、長期入所ができる施設として高い人気を誇っています。運営主体は社会福祉法人や地方公共団体などが挙げられ、公的施設のため費用は安価です。入居の際にかかる費用は家賃と光熱費、食費など日常生活にかかるもので入居一時金は必要ありません。

負担額は誰でも一律ではなく、本人や扶養義務のある家族の世帯収入などにより異なるのが特徴です。入居タイプは相部屋が以前は多くありましたが、高齢者の尊厳を守るという理由で個室ユニットが増えています。最近では実績のある建設会社が手掛けた、ユニット型個室タイプの新型特養と呼ばれる施設が増えてきています。

従来と変わらない生活ができたり人間らしく生きることや、家庭生活がそのままできる雰囲気づくりなど普通の感覚があることで社会とのつながりを実感できるものです。特養は高齢者と社会をつなぐ重要な役割を持っていて、誰もが普通の暮らしをしていると感じられる空間づくりが大切です。医療現場ではこうした変化への対応を迫られていて、高齢者の立場に立って特養施設の企画や構想ができる実績を求められています。時代を先取りした福祉施設づくりは介護する側にも使いやすく、利用者全員が過ごしやすくなります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *