Skip to content

福祉施設の建設について

近年、福祉施設の建設が多く行われています。

福祉施設とひとくちに言っても、その種類は多種多様です。子ども向けの施設である児童福祉施設や、高齢者向けの老人福祉施設など、様々な種類があります。近年は建設ラッシュで、全国でも次々と新しい施設が作られています。
そもそも、新しく施設を建設するために何か規定や条件はあるのでしょうか。誰でも簡単に作れるものなのでしょうか。児童向けの施設とは、児童福祉法に基づいて児童福祉のために作られたものを指します。

よく知られているものとしては保育所や児童養護施設などが挙げられますが、この他にも母子生活支援施設、児童家庭支援センターなど、10種類以上あります。また、老人福祉施設にも様々な種類があり、ケアハウス、老人介護施設、サービス付き高齢者向け住宅など、年々その種類は増加しています。
介護の必要度合いに応じて、入居できる施設や入居費用もまちまちです。このような施設を建設する場合、建築基準法の規定が重要となってきます。

まず、その土地が建築基準に適合しているかどうかを建築士などの専門家に相談する必要があります。そして工事に着手する前に建築確認申請を自治体に提出しなければなりません。また、工事が終わって建物が完成したあとも、定期的に点検や調査をすることが義務付けられています。子どもや高齢者などの入居者の命を守るために、建設する段階でとても厳しい基準が課せられているのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *