Skip to content

福祉施設の建築にかかる課題と展望

高齢者介護の問題は、年々深刻になっており、家族の負担は精神的にも経済的にも大きくなるばかりです。

特に、老人ホームやグループホームをはじめとする福祉施設が不足する問題については、喫緊に解決していかなければなりません。こういった状況の中、政府は自治体とともに対応を強化していますが、簡単に建築できるものではなく苦慮しているのが現状です。一方で、これから高齢者になる世代の人々については、老後の生活基盤を確立するために、元気なうちに財産を整理して高齢者向けの住宅に移り住む人も少なくありません。

さて、福祉施設の建築が簡単にいかない理由の一つに、指定基準の問題があります。これは、施設介護サービス計画に基づき食事、入浴、排泄など日常生活におけるサポートや機能訓練、健康管理、療養上のサポートを行う特別養護老人ホームに適用されるものであり、人員基準のほかに設備基準があり、専門的な知識や経験が必要となるものです。そのための、福祉施設を建築する設計・施工業者が限られてしまうといった問題が発生しているのです。

日本の高齢化は避けては通れない問題であり、誰もが老後をどこで過ごすのかを真剣に考えていかなければなりません。老人ホームは本人にとっても家族にとっても必要な施設であり、一般の建物とは異なる設備が必要となるには必然的なことです。ついては、福祉施設に特化した設計・施工業者も増えてきており、今後さらに増やしていくためには、ここにかかる人材の育成も大きな課題となっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *