Skip to content

快適な福祉施設を建築するために必要なこと

福祉施設として真っ先に思い浮かぶのが、グループホームや老人ホーム、ケアハウスといった高齢者を対象とした施設です。

これらの施設については、入居者や利用者にとってもそこで働く人々にとっても快適な空間でなければなりません。また、介護が必要な高齢者も数多く利用されることから、安全性についても細心の注意が必要となってきます。そこで、建築基準法に合致した建物であることは当然として、福祉施設ならではの設備や注意点に精通した設計、施工技術が必要になってくるのです。

例えば、介護レベルが高い方が入居する特別養護老人ホームでは、食事や入浴、排泄などのサポートが必要となりますから、バスルームやトイレ、ベッドについては介護用のものを設置しなければなりませんし、機能改善のためのリハビリ施設も必須となります。また、入居者だけではなく、介護福祉士が入居者を常に見渡せる施設であることも大きなポイントとなりますから、その建築については一定のスキルや知識が必要であり、実際にそこで働く人々との意思疎通が必要であることは言うまでもありません。

ここ数年、福祉施設の不足が大きな社会問題として取り上げられていますが、その解消に時間がかかっている理由の一つに、こうした福祉施設固有の建築問題があります。そこで、最近では福祉施設に特化した建築業者も数多く出てきています。今後は、さらに建築が進んでいくことが予想されますので、さらなる人材育成が大きな課題となっているのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *