Skip to content

新たな不動産買う超方法の児童福祉施設の建築

これまでの不動産運用の常識といえば、如何にして儲けられる事業を呼びこむか入居率の高い所で賃貸を経営するかが常識でしたが、現在では児童福祉施設の建設も有効な不動産活用方法の一つになりつつあります。

待機児童問題によってその絶対数が確保できていないのが児童福祉施設の建築が課題になりつつあり、その建築が国内でも急務になりつつあります。少子高齢化と叫ばれてはいるものの、毎年必ず出生する子供がいるので、そこの子供の世代で保育が必要になれば当然のごとくそれらを受け入れる施設が必要になるのです。

社会福祉法人や一般企業などが運営に乗り出していますが、用地の確保がなかなか難しく、提供してくれる不動産オーナーの数も多くはないので、どの経営者も用地の確保に頭を抱えています。そんな中で余っている土地や建物を児童福祉施設に役立てることで安定した入居者が見つかり、定期的に収入を得られるので、不動産運用にも成功します。建築の際に建物を取り壊してから新たに建てるのか、あるいは土地だけをリースするのかは事業者との契約の際に話し合うのが適切です。

大都市ではまだまだ不足している傾向にあり、一つの施設に入園希望者が殺到している状況なので、なかなか買い手が見つからない土地を持っている方や、賃貸で土地を貸し出そうと思っている方は、児童福祉施設の建設を検討している人に売り込みをかけてみるのも良いでしょう。うまく行けば契約につながります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *