Skip to content

児童福祉施設の建築基準

児童福祉施設等を新築等する場合、建築基準法の手続きに注意することが大切です。

児童福祉施設等とは、児童福祉施設、障害者支援施設、障害福祉サービス事業などを示します。児童福祉施設等を新築したり、既存の建物を児童福祉施設として用途の変更を行う場合にも、建築工事を着手する前に建築確認申請書を特定行政庁等に提出し、建築基準法令に適合しているかどうかの確認を受ける必要があります。建築基準法を遵守することが必要になる施設になりますので、建物を建設する前に専門家に相談されることをお勧めします。

具体的には、火災に対して柱や壁などの主要構造部の耐火基準や、排煙設備の数、非常照明の位置など細かな規定が様々あります。一旦基準をクリアした場合でも、定期的な調査や報告が必要となりますので、ルールをしっかりと守ることが児童福祉法施設を管理する側にとって重要な事なのです。一定規模以上の所有者は、定期的に建物の構造や設備について、市長区村などから派遣された調査資格者に調査もしくは検査をさせ、その結果を特定行政庁に報告することが義務となっています。

今後そのような施設の建設を考えている方は、新築設計などの専門家および市区町村の土木課や福祉課などの担当者に事前に事業計画とともにアドバイスを受けるとよいでしょう。施設の基準が満たされてこそ、事業をオープンすることができるので、建設後に慌てないように事前に準備を始めてください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *