Skip to content

保育施設の建築についての現状

保育施設を望む声は決して少なくありません。

夫のみが働き、妻が育児をする生活スタイルはとっくのとうに昔となっており、現在は仕事も家事も育児も夫婦で分担していくのが望ましい状況です。それに合わせて保育施設の建築は常に望まれているのです。では、何故その需要に対して供給が追い付かないのでしょうか。それには幾つか理由があります。例えば、子供の声が騒音になるから嫌だという建設反対の声です。主に子育て世代よりももっと上の世代からの非難の声が多いようです。

この世代は核家族ではなかったので、夫婦でというよりは自分達の親に上手く子供の面倒を見てもらいながら仕事をしていた経緯があり、現在主流のライフスタイルの想像が付きにくいのでしょう。子供はうるさくて手が掛かるものです。それは何処でも当たり前の事です。泣いている赤ん坊を必死にあやす母親がいたら、優しく見守りたいものです。他にも供給が追い付かない原因があります。保育士や幼稚園の先生へのなり手がいない為、保育施設の建築が難航している場合です。

保育士や幼稚園の先生の給料が安く、子供好きでなりたいと思う人も賃金が低過ぎてやりがいを感じられないというのが現状です。低賃金で奉仕させるのではなく、待遇を良くし、やりがいを感じられるようにする方が長く続きます。これは保育士に限った事ではないのですが、特に保育士はこの傾向が強いのです。これらを解決する事が保育施設の建築についての現状を改善する方法です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *