Skip to content

保育施設の建築で大事なこと

近年少子化が加速していますが、都会では子供が多い地域もあり少子化とはまた逆の問題をはらんでいることも少なくありません。

特に、2014年あたりから待機児童の問題が浮き彫りになり、国会でも議論されるほどの問題にまで発展しています。待機児童が問題になっている地域で待機児童の問題を解決するためには保育施設の建築が重要になります。保育施設の建築をするにあたり、気を付けておきたいのは保育施設に通う子供達だけでなく、子供達を通わせている保護者のことを配慮しなければなりません。まず、建築するにあたり建物の中を明るくすることが大事になります。

いくらきれいな建物でも中が暗くてはイメージが悪くなり建物を建築する意味がありません。そこで、室内を明るくするために、大きめの窓を付けることは当たり前としても、南むきを確保することが大切になります。保護者が迎えに来るときのために、駐車場は可能な限り広く確保することは必要です。子供5人に対して自動車が1台置くことができれば日常的に駐車場の問題を避けることができるでしょう。

少なくとも、子供の送迎の時に近所からクレームが発生することを最小限に抑えることができます。ただ、保育施設で行事がある場合には家族の多くが自動車で来ることになるため臨時の駐車場を確保することができることが理想です。そのように考えると、ある程度大きな土地を所有している地主さんなどが保育施設を建築すると良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *