Skip to content

保育施設の建築には高いスキルを持った業者が必要

保育施設の不足は日本が抱える大きな課題ですが、大切な子どもたちを預かる施設ですから、自ずと条件が厳しくなるため、その建築には幅広い知識と豊富な経験が必要になります。

まず、児童福祉法で定められている児童福祉施設最低基準では、基本的な施設基準が明確にされており、2歳児までの子どもを保育する場合には、1人3.3㎡以上のほふく室が必要になりますし、2歳以上であれば1人当たり1.98㎡以上の遊戯室が必要となるだけでなく、保育士がどの位置にいても子供たちに目を配ることができるレイアウトにしなければなりません。

もちろん、それ相応の土地があり新築できるのであれば、一般的な施工業者でも対応は可能ですが、保育施設が不足しているのは都心部であり、立地条件を考えると既存の建物を改築しなくてはならない場合もあります。こういった場合、建築基準法に定められた用途変更の手続きが必要になりますが、非常に手間のかかるものであり簡単に承認されるものではありません。

そこで、最近では保育施設や介護施設など、法的な条件が厳しい物件の設計施工に特化している業者が増えています。このような業者は、数多くの施設を手掛けてきたことから、現場実態を見据えた高いスキルと豊富な経験値を有していますから、あらゆる問題に対して的確な解決策を提示できる強みを持っています。今後も保育施設の不足は続くと見込まれており、こうした建築業者の存在が重要になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *