Skip to content

保育施設の建築に必要な経験とスキル

保育施設は家族が子供たちを安心して預けることができるよう、安全性には万全の対策が施されていることが大切です。

そのため、児童福祉法においては児童福祉施設基準が定められており、保育室の広さなどが細かく決められています。また、自治体によってはバリアフリー法も適用されていますから、非常に厳しい条件の中で建築しなければなりません。また、待機児童は都市部に集中していることから、立地の良い場所に適切な物件を探すことも重要な要素になります。

本来であれば、十分な広さの更地に新たに建築することが理想ですが、都市部にそういった土地を探すことは極めて困難ですし予算的な制約もあります。したがって、既存の建物を活用した上で、法律に定められた基準に合致した施設に改築することが求められることになり、さらに問題を難しくしているのです。しかしながら、子供たちが窮屈に感じるような施設では意味がありません。つまり、安全性を確保した上で子供たちが元気に遊ぶことができる保育施設を建築することが理想となります。そこで、大切なのが保育施設の建築に特化した設計施工業者の存在です。

建築基準法は当然として、児童福祉法やバリアフリー法に精通しているだけでなく、保育施設特有のレイアウトを実現するためには、状況に応じた対処ができる高いスキルが必要になります。保育施設の不足は社会問題となっており、早急に解決すべき課題ですが、経験豊富な業者の存在が問題解決のポイントなのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *