Skip to content

保育施設の建築について

少子高齢化社会と女性の社会進出に伴い保育施設の建築現場では様々な工夫が図られています。

昨今では待機児童が社会問題となり既存の保育資源の有効活用や、新設する場合の利用者への様々なサービスが焦点となってきています。保育施設の建設は近隣住民にとっては、可愛い子供の笑顔が見られるという反面、騒音による苦情などの問題もはらんでいるものです。ニュースでも話題となりましたが、保育園の建設により住環境が変わるということで周辺住民の反対運動で公立の保育園が設置できないというケースもありました。

このような問題を解決して保育施設を建築することが大事なのは言うまでもありませんが、場所の選定も非常に重要となっています。駅に近ければ商業施設が多く苦情が来る機会は減ります。親御さんから見ても駅近くの保育園などは、通勤の際に預けることが出来、非常に重宝される保育施設となることが出来ます。保育園などを建築する歳は周辺住民への情報提供も成否を分ける鍵となります。誠実に理解を得ることが地域社会と共存する施設への近道なのです。

説明会は町内会長などに事前に相談するの一般的です。地域の世話人である町内会長・自治会長などに話を通せばスムースに事が運ぶことが多いです。実際に工事が着手してからも決められた時間以外には工事をしないなど、施主としての立場も理解して進めることが大事です。施工会社に丸投げせずマネジメントしましょう。保育施設の建設をトラブルなく進めていただければ幸いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *