Skip to content

地域に建設されている幼稚園や学校と介護施設の交流

幼稚園や小学校は地域にもっとも溶け込みながら建設されている施設です。

この二つとの交流を介護施設の建設が深めることは、地域の輪の中に溶け込む大きなきっかけとなります。また絶えずいろんな物事に興味を持ちさまざまな質問を投げかけてくる子供や、明るく飛び回っている子供たちと接することは、お年寄りの脳を刺激し心を若返らせてくれるものです。

一方幼稚園や小学校の子供たちにとっても介護施設であるグループホームのお年寄りと交流を持つことは、大きな意義があります。核家族化が一般的になる中で子供たちもまたお年寄りと接する機会が、減ってきています。しかし今後ますます進んでいく高齢社会を支えるのは現代の子供たちです。では具体的には地域に建設された幼稚園や小学校と、どのような交流会ができるでしょうか。

たとえば一学期に一度お楽しみ会を開きゲームをしたり、お互いに演劇や歌などの催し物をする。運動会や文化祭など学校を上げての行事には、積極的に参加させてもらうというのはどうでしょうか。また七夕やクリスマス会、餅つき大会、節分など季節に合わせた催しを合同で開き毎週土曜日の午後は介護施設であるグループホームを開放して、近所の子供たちに遊びに来てもらうようにしてもよいでしょう。

ただしいくら交流が大切だといっても、地域に建設されている小学校や幼稚園の運営の負担にならないよう注意する必要はあります。入居者に程よい刺激と生活に張り合いを持たせることができる範囲で、幼稚園や小学校側と十分に話し合い計画を進めていくようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *