Skip to content

介護施設を初めて建設する際のポイントとは?

世界の中でもトップクラスの長寿国である日本は、少子化問題が解消されない現状の中で超高齢社会に突入しました。

一昔前のように数世代の家族が同居して高齢者を家族や親戚で支えていた時代は終わりを迎え、日常生活に支援が必要な高齢者を社会全体でサポートしていく仕組みをさらに構築して発展させていく事が急務になっています。平成12年4月に施行された介護保険法により介護が必要な高齢者が保険制度を利用して、日常生活に必要な支援を受けられる仕組みが確立されました。

この保険法の施行により、民間企業の参入が認められるようになり、介護施設などの事業の立ち上げが数多く行われ様々な介護施設の建設が行われています。それまで高齢者福祉の事業を専門に行っていなかった企業が介護施設などを建設する場合には、事前に現場の生の声や重宝を集めた上で建設する必要があります。

介護保険法で制定されている様々な規定が介護施設建設においても適用されるポイントが色々とあるのです。施設の種類によってそれらのルールには違いがあり、法改正がなされればその規定自体が変更になる場合もあります。だからこそ、それらのポイントをきちんと抑えて設計を行う事が大前提になるのです。介護施設はその施設で生活する高齢者が快適に生活が出来る環境であることが一番重要なことです。

プライバシーを尊重した作りや安全に動くことが出来る環境、手すりやスペースなどが確保されている必要があります。さらには、それらの高齢者を最前線で支援している介護スタッフが見守りやケアを行いやすい環境に配慮されているかも、欠かせない重要なポイントになるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *