Skip to content

介護施設の建築基準とは

介護業界が2000年の介護保険制度開始以降目まぐるしく展開している社会ですが、当然介護施設は建物無くしてサービスを提供することはできません。

訪問系介護サービスや居宅介護支援事業所を除き、介護施設の建築には一定の基準が設けられています。しかも、年々厳しい基準となってきており、建築費用が掛かるのもやむをえません。デイサービスなどの第二種社会福祉事業は民間の中でも有限会社や株式会社も参入できることから、手始めに事業を行う傾向もありますが、やはり、初期費用は抑えたいものです。

かつて別の目的で使用されていた建物を居抜きで使うことでその費用負担の軽減は図れますが、いざ、サービスの提供となると、その使い勝手の不合理さや、災害、緊急時の不便さは時折みられるようです。介護施設といっても運営する事業によって建築基準や設備基準は異なります。

しかし、近年は建築、設計会社のノウハウも充実してきており、目的用途に応じた介護施設を設計してくれるようになってきました。さらに、居抜きで介護事業を展開する場合も、建物の耐火耐震補強、防災設備の増設なども展開できるようになってきました。

また、従来の病院閉鎖的な施設の構造から、サービス提供施設というイメージ転換に加え、自宅のような温かみのある外観にアットホームな雰囲気を追及した外観も魅力となっており、印象がかなり変わってきています。介護施設も従来の様式から大きく変化してきているのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *