Skip to content

介護福祉施設の建築は法令を遵守して

介護福祉施設は近年の少子高齢化の世相を受けて大変に需要が見込まれる施設となっています。

この施設は建築にあたり、法令を遵守するのはもちろんですが、利用者の安全をまず第一に考え計画を立てる必要があります。その理由は、利用者は災害弱者と言われている人々が使うことが想定されているからです。介護福祉施設を建築する際は行政の監督を受け、許可申請等を行わなければなりません。市町村の福祉部門がまず第一の窓口となりますが、市役所の福祉部門や保健所などが担当していることが多いものです。

社会福祉法令を根拠に利用者の泊りがあるのか、衛生面はどうなっているかなどの審査を受けることになります。介護福祉施設についても、一般の建設物と同じように建築確認を受ける必要があります。図面などの必要書類を申請します。事前相談はしっかり行わないと、後ほどの工事影響が出るので法令に適合しているかなどは、建築士などを通じて良く調整する必要があります。

消防法令に基づく消防用設備の設置も、基準どおり行います。介護福祉施設は消防法令の規制も厳しいものになっています。床面積や収容人員にもよりますが、スプリンクラー消火設備などの設置義務が発生することもあります。費用が高くなってきますが利用者は、自ら初期消火することが困難な方が多いので、自動で消火できる設備の設置が義務づけられています。その他にも自動火災報知設備の設置が義務付けられています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *