Skip to content

介護福祉施設の建築と開業

介護福祉施設は建築したらそれで終わりというわけではなく、その建てた後の開業に向けた手続きもしっかりと行わなければならないです。

ただし、手続きを行うためには事前の段取りが必要でしかもそれは土地の取得の段階から考えておくべきものとなり、介護福祉施設の建築前にはある程度は所管する役所との調整が済んでいるべきものと言えます。介護保険法では事業の開始についていろいろな条件や用件などを定めています。さらに開業後もこれらの基準を遵守し続けなければならないです。

そのため段取りよく進めるためには事前の打ち合わせや対応が欠かせず、相談や仮開業許可を取り付けるなどの行動が必須です。建ててしまってから大幅なやり直しは事実上不可能ですから、建てる前に話を進めることが肝心で建物の完成予定図を役所にてチェックしてもらい、問題が起こりそうな部分を指摘してもらうことで後々の問題を摘みます。一つ一つを確実にしておけば後々問題になることはまずありません。

介護福祉施設ではいったん建ててしまったらその後の建築に関係する部分の修正が非常に難しいのが現実です。したがって建てるために必要な土地の取得から建設後の状況をよく考慮しておくことで、後々の問題発生を少なく出来ます。役所との調整は必須で、介護保険以外でも老人福祉法関係や建設関係部署とのやりとりさらには消防法の関係で地域にある消防署とも密接に関わることになる点に注意が必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *