Skip to content

介護福祉施設の建築で必要な採光の知識

介護福祉施設は、介護が必要な方が長い時間を過ごす施設です。

デイケアの場合は日中のほとんどを施設内で過ごすことになるので、採光は重要な要素となります。介護福祉施設を建築する場合は、要介護者が過ごす部屋を中心に、十分な採光を用意する必要があります。通常の介護福祉施設では、部屋の面積の1/7の大きさの採光上有効な窓が必要です。その程度の窓が必要かは建築基準法に定められています。建築する前に十分な最高が取れるような計画をすることが大切です。

採光上有効な窓は、隣地との間に十分な空間が空いていることが必要です。2階建て以上の建物では隣地との間の空間を大きく取る必要があります。計画にあたっては、十分な採光が得られるように建物の配置を考えることが大切です。介護福祉施設の建築では、窓は重要な役割を果たします。採光を取ることはもちろん、換気や排煙にも使われるからです。また、火災時に消防隊が建物内に入るためにも利用されます。

採光と換気のための窓は兼用が可能ですが、排煙は別に取る必要があります。これらの要素を満たすために必要な窓の面積は、かなり大きくなることが予想されます。窓の計画は介護福祉施設の建築で重要な意味を持ってきます。窓は熱が逃げやすい部分でもあります。通常の窓では断熱を考慮する必要があります。断熱はガラスを複層にしたり、サッシを二重にすることが考えられます。近年は断熱性に優れた省エネサッシが使われることもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *