Skip to content

介護福祉施設の建築と許可に関すること

介護福祉施設の建築を行う前には必ず所管する役所にて事前の仮許可申請を行うことが大事です。

場所の問題もある他に開業しようと思う事業そのものが認可できない可能性があるためです。特に認知症対応型共同生活介護は既存の事業所が多く、市町村によっては介護福祉施設の整備の枠外として建築以前に認可しないことがよくあります。そのため認知症対応型共同生活介護などの地域密着型サービスの開業に当たっては、相談が必要不可欠です。

介護保険制度は徐々にその種類なども増やしながら膨張し続けてきたという経緯があり、その種類もまた利用をする人数も多くなっていく一方です。そのため介護福祉施設の建築は基本的には了承されやすい傾向はあります。ただしすでに地域に多くある事業は認可が下りない場合もあるため、地域性をよく見極めることも求められるわけです。

役所には許可申請をいきなり持って行くのではなく、開業までにしなければならないことを役所でよく聞いておくことが大事となります。このとき開業に関する手引きなどを発行している行政機関も多くあります。その開業に関する手引きなどをよく確認した上で担当者からの説明をしっかりと聞く姿勢が重要です。

介護保険事業に関することと建物そのものに関すること、さらには老人福祉法に関わる場合はその件についてもしっかりと確認する必要があります。同時進行で物事を進めていきいろいろと確認をしながら、一歩一歩確実に前に進めていく慎重さが欠かせないです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *