Skip to content

建設ラッシュが続く介護施設

介護施設は入所するだけの場所ではありません。自宅から通って受けられるサービスもあります。

代表的なものは特養などで受けられる通所介護(デイサービス)と短期入所生活介護(ショートステー)、老健などで受けられる通所リハビリテーション(デイケア)と短期入所療養介護(ショートステー)です。在宅から介護施設入所を検討する場合入所を決める前に、その介護施設のデイかショートを試してみるのが上策です。特にショートステーはお試し入所の様なものですから、介護施設の良しあしや本人との相性がよくわかります。

地域密着型サービスというのは、その地域に住んでいる人しか受けられないサービスです。近年地域密着型の種類が多く建設されてきてわかりにくいのですが、グループホームと小規模多機能型居宅介護だけは知っておく必要があります。グループホームの正式名称は認知症対応型共同生活介護です。もし認知症であれば、在宅を継続できない場合の選択肢となります。小規模多機能型居宅介護は、通いと訪問と泊りを一体的に提供するサービスです。

もし在宅を継続したいのであれば登録すると在宅介護の可能性が飛躍的に高まります。一般的に介護施設又は高齢者の終の棲家といえばだれもが真っ先にイメージするのは、有料老人ホームでしょう。
介護付きの有料老人ホームは介護保険制度では、特定施設入居者生活介護と呼ばれていて日本全国に有料老人ホームが建設されています。このほかにもサービス付き高齢者向け住宅というのもありますが、これは基本的には介護保険サービスではなく一般マンションまたはアパートなのですが、新たな高齢者の住まいとして建設ラッシュが続いています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *